授業概要

閉じる

授業科目名住居設計T(後期土曜スクーリング)
担当者名 竹内 光子・山口 紗由
開講期後期土曜スクーリング
開講年次2
単位数選1

概 要
 テキスト、参考文献の所蔵は、図書館蔵書検索で確認して下さい。
[概要]
 与えられた設計条件を整理し、戸建て木造住宅の計画をまとめ上げ、表現する力を身につけることを目的とする。2つの設計実習課題を通して、それぞれの住宅に求められる機能や、居住者家族構成員のライフスタイルや物の大きさ・配置と空間との関わり、さらに周辺環境との関係性を理解することが必要である。木造住宅の基本的な構造と製図法を修得するだけでなく、住居学の学びを活かした総合的なデザイン能力を養い、設計製図、建築設計に進むための基礎となる科目である。
[到達目標]
@木造一戸建て住宅の基本的な製図方法を修得する。
A課題の与条件を読み解き、計画案をまとめ表現する力を養う。
[授業計画]
 住宅の図面の製図方法を確認した上で、2つの実習課題(木造住宅)に取り組む。
(第1日)
1.図面の読み方・描き方の基礎
2.木造住宅図面の描き方の練習
3.住居設計課題@「2人暮らしの住まい」の条件設定
   木造平屋建て 延べ面積135u以内
(第2日)
4.住居設計課題@のエスキース
5.住居設計課題@の作図1:平面図
(第3日)
6.住居設計課題@の作図2:立面図・断面図
7.住居設計課題@の発表・講評
8.住居設計課題A「店舗併用住宅」の与条件提示
   木造2階建て 延べ面積180u以内
(第4日)
9.住居設計課題Aのエスキース
10.住居設計課題Aの作図1:平面図
(第5日)
11.住居設計課題Aの作図2:平面図・配置図
12.住居設計課題Aの作図3:立面図・断面図
13.住居設計課題Aの作図4:基礎伏図・床伏図
(第6日)
14.住居設計課題Aの作図5:小屋伏図・仕上表
15.住居設計課題Aの発表・講評
[準備学習に必要な学修内容]
 受講前に必ず教科書を一読し、住宅設計に必要な基本的事項を確認しておく
[成績評価]
 課題@とAへの取り組み状況と製図作品と発表内容で評価する。
[使用教科書]
 新しい建築の製図 新しい建築の製図編集委員会編 学芸出版社
 その他必要に応じてプリントを配付し、参考書を紹介する。
[参考書]
@建築デザインの製図法から簡単な設計まで 武者英二 彰国社
A建築設計教室 新訂二版 建築設計教育研究会編 彰国社
B名作住宅で学ぶ建築製図 藤木庸介編 学芸出版社
Cコンパクト建築設計資料集成<住居> 日本建築学会編 丸善
[持参するもの]
 ケント紙(A2サイズを5枚)、製図用シャープペン(0.5mm、HB程度)、消しゴム、スティール製巻尺(コンベックス等)その他、必要な物があれば事前に連絡する。
[学生へのメッセージ]
 夏期スクーリング「住居製図」を履修した後の履修が望ましい。

AllRight,Copyright © 2001 Japan Women's University