授業概要

閉じる

授業科目名乳幼児教育論(テキスト)
担当者名 本江 理子
開講期
開講年次2
単位数選2

概 要
 テキスト、参考文献の所蔵は、図書館蔵書検索で確認して下さい。
[概要]
 乳幼児の教育・保育について、幼児教育・保育の概念、乳幼児の育ちの現状、幼稚園教育要領や保育所保育指針、乳幼児の生活環境、保育制度をめぐる状況、幼保小の連携、保育者の資質向上、保護者支援、世界の子育てなど、幅広い視野から学ぶことを目的とする。
[到達目標]
@今日の乳幼児を取り巻く諸状況を多角的に理解する。
A乳幼児の育ちに求められる諸条件について、理論的、実践的に理解する。
[学習の進め方]
1.テキストの目次から内容を概観し、全体像をつかむ。
2.リポートの課題をふまえつつ、テキストの学習を進める。
3.リポートの作成を行う。その際、適宜、参考文献を用いる。
4.リポートに合格したら、科目修了試験に向けて、テキストを今一度通読して内容を確認し、さらに関連文献を読み進める。
5.リポート不合格の場合は、解答できなかった問いについて復習を行う。
[内容]
1.乳幼児を育てるということ
2.乳幼児の発達課題
3.家庭での生活とそこでの育ち−家族周期の変化と子育て−
4.保育所・幼稚園の生活
5.地域社会での生活とそこでの育ち-地域社会の変容と子育て-
6.遊びと環境を通しての保育・教育
7.表現活動と心の育ち
8.言葉の発達と教育
9.児童文学を通しての保育・教育
10.国際化社会における保育・教育−多文化化と保育・教育−
11.子育て支援の背景と必要性
12.幼保小の接続を考える−幼保小連携カリキュラム−
13.保育・教育の専門職者の育ち
14.乳幼児の保育・教育の現状
15.乳幼児の保育・教育の課題
[リポートの評価]
 課題の理解40% 自己学習の成果40% リポートの体裁20%
[科目修了試験による成績評価]
 論述形式の試験を行う。基礎知識40% 論理的思考力30% 記述力30%
[使用テキスト]
 新訂 乳幼児の保育・教育 岡崎友典・梅澤実編 放送大学教育振興会 2015
[参考書]
@幼稚園教育要領解説書 文部科学省 2008
A保育所保育指針解説書 厚生労働省 2008
B幼保連携型認定こども園教育・保育要領解説 内閣府・文部科学省・厚生労働省 2015
※@〜B全て、フレーベル館
C幼児教育のフロンティア 伊藤良高・中谷彪・北野幸子編 晃洋書房 2009
[その他]
 「子ども」に関するあらゆる情報を敏感にキャッチしましょう。

AllRight,Copyright © 2001 Japan Women's University