授業概要

閉じる

授業科目名食品学(テキスト)
担当者名 高橋 京子
開講期
開講年次2
単位数必2

概 要
 テキスト、参考文献の所蔵は、図書館蔵書検索で確認して下さい。
[概要]
 食品について正しく理解することは、栄養摂取上および調理・加工上たいへん重要である。個々の食品の理化学的性状、成分組成、栄養特性、利用法等についての知識を得ることを目的とする。
 食品を含有成分の特徴により分類し学習する。植物性食品として、穀類、いも類、豆類、種実類、野菜類、果実類、きのこ類、海藻類、動物性食品として食肉類、乳類、卵類、魚介類に分類し、他に、食用油脂、甘味料、調味料、香辛料、嗜好飲料等について学ぶ。食品中の主要な成分の含有量を把握し、特徴ある成分の物質名や性質についても学習する。さらに、それぞれの食品の類似点、相違点についても理解する。
[到達目標]
@各食品の主要な成分の含有量を把握し、特徴ある成分の物質名や性質について理解している。
Aそれぞれの食品の類似点、相違点について説明できる。
[学習の進め方]
 「授業概要」前書部分掲載の「テキスト科目」学習の進め方に沿って学習する。ただし、テキスト通読に関しては、はじめに、テキスト全体を通して読む。その後、第2章以降を2回以上熟読する。その際、食品の分類ごとに学習をすすめ、分類ごとに、含有成分の特徴を把握しながら、各食品について、ノートにまとめる。他の書籍も調べ、含有成分の特徴を中心に、理解を深めていく。ノートにまとめながら、重要な点は何か理解し、含有量のおおまかな数値や特徴的な成分名を覚える。他の食品との類似点や相違点についても理解する。
 すべての食品について、この学習を終えてから、リポートを作成する。科目修了試験に向けては、全体を深く理解しておく。
[内容]
 学習内容の項目は以下のとおり。
・植物性食品として、穀類、いも類、豆類、種実類、野菜類、果実類、きのこ類、海藻類。
・動物性食品として、食肉類、乳類、卵類、魚介類。
・その他の食品として、食用油脂、甘味料など。
 これらの項目について、「学習の進め方」に沿って学習し、リポートを作成する。リポート合格後の科目修了試験に向けての具体的な準備学習としては、テキスト全般にわたって復習し、全体を深く理解しておくと共に、重要な点を記憶する。
[リポートの評価]
 全体を100%として、課題を通して内容を正しく理解しているか60%、学習の成果がみられるか20%、完成度が高いか20%
[科目修了試験による成績評価]
 論述形式の問題についての評価は、基礎知識60%、理解30%、論理性10%とする。
[使用テキスト]
 Nブックス 新版 食品学U 菅原龍幸監修 建帛社 2016、学習の手引
[参考書] 
特に指定しません。
[その他]
 「食品学」テキスト記載の成分名については「食品化学」テキスト等でよく把握したうえで学習すると理解しやすいです。

AllRight,Copyright © 2001 Japan Women's University